<   2011年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

4月27日 中山

今日の朝、シャツと靴下を取るためにベランダに出たら、上のトタン屋根からコツンコツン音がした。
なんだろうと思って見てみたら、それはどうやらスズメがトタンの上を歩いている音だった。
かわいいなーと思って見ていたら、遅刻しそうになった…。

昨日、五限終わりに道場に行ったら結構人がいてビックリした。
時間も6時をまわっていたので、すぐ帰るか少し引いてから帰るか10分以上迷って、結局引いていくことにし
た。
30本くらい引いて、たぶんだいたい18本くらい中った。
特に弓手にグイッと力を入れると中るみたいです。

今日は実験(計測の基礎2)です…がんばります。
[PR]
by hyokenkyudo | 2011-04-27 20:27 | 部員日誌

天橋立日記 その3

天橋立に着いた。

b0212429_2136997.jpg



天橋立は内海の阿蘇海と京都府宮津市の宮津湾を隔てる砂嘴である。


長いドライブと暇つぶしを経て我々は全長3.6kmの天橋立を歩いて渡り、対岸に位置する傘松公園展望台を目指した。



そこから見渡す天橋立は斜め一文字の眺望として人気が高い。




駐車場に車を預けて出発。



車から見てすぐにこのような看板が見えた。



b0212429_21403189.jpg




もちろん予備知識が無い我々はとてもおかしな名前だな~としか思わなかった。



むしろ年頃の男4人、このネーミングには卑猥な意味があるのかとも考えてしまうほどである。


弓道部には変態が少なからずいる。

中には下(ネタ)の神として崇められる人材もいる。

新入生の諸君も入部の際この点には注意した方がいいだろう。


さて対岸へ向けて出発!


b0212429_21404749.jpg



出発点のこの橋、実は動くのである。

大きな船が通る度に90°回転して通路を空けるのだ。





そして



対岸までひたすら歩く。


b0212429_2141927.jpg



余計体力を使うというのに一行は道ではなく砂浜をひたすら歩いた。


初めて天橋立を歩いたが、中は普通の砂利道で、地元の高校生が通学路に使っているとは思わなかった。


それにしても生えているのは松の木ばかりである。


b0212429_21413863.jpg



…同じ景色にそろそろ飽きてきた。




体力的にも全員のテンションはみるみるうちに下がっていった。




天橋立に数ある松の中でも立派なものや大きなもの、形が変わったものは特別に呼び名が付けられている。


b0212429_21415733.jpg



例えばこれは二本で仲良く伸びているため"夫婦松"と言う。



このような名前のある松が何本かあるのだが次第に興味は薄れていった。

"双子松"?


でっ?ていうである。

しかし名前のある松のなかで一本(二本?)だけ天橋立に押し寄せた津波の被害により枯れてしまった大きな松の
木が虚として保存されていたので記念撮影。


b0212429_21422163.jpg





この後は松ぼっくりを蹴りながら対岸まで歩いた。


~歩くこと30分~


対岸に到着!
そこからさらに10分ほど歩くと傘松公園だ。


途中神社に寄っておみくじを引いたりした。



神社の名前は忘れたが受験の絵馬にやたら"小原"と書かれていたのが印象的だった。



傘松公園のふもとからはケーブルカーで展望台へと登る。


b0212429_21455841.jpg



あ、車掌さん?!
















b0212429_2143526.jpg




…と思ったら主将である。
違和感なし(笑




この日記を見ると主将がもはやネタでしかない

まあそれだけ愛されているということだ。きっと


ケーブルカーで頂上へ!





b0212429_21462938.jpg




展望台に到着!






b0212429_0224427.jpg


良い眺めだ。
これがあの天橋立か…


展望台に説明書きがあった。
"股の間に頭を入れてみることで天橋立が空に架かる橋のように見えます。"



これが"股のぞき"の由来か!ナルホド


すごい!ご当地キティちゃんまで股のぞきポーズをしていた。

b0212429_2144099.jpg


しばらく景色を眺めた後は4人でかわらけ投げに挑戦!


土で作られた円盤を投げて高台の横に立つ柱の先にある輪の中に通すと願いが叶うという。

b0212429_21443818.jpg


早速挑戦。

これが思ったより難しい。

距離は6、7メートルくらいだったと思う。


投げ方の説明通りに投げると明後日の方向へ飛んでいってしまった。


かわらけは3枚で100円。


皆順調に100円玉を消費していったが、最後には全員が成功。



売店で記念シールをもらった。


そしてお土産購入。
出発前に八つ橋を望む声が多かったが、なぜか見当たらず、栗饅頭を買って帰ることに。


これが結構美味しかった。


そして一同は傘松公園を後にし、帰路についたのであった。














帰りはとても疲れた…



結局大学に着いた時には午後2時をまわっていた。



今回は一晩跨ぎの日帰りとなったが、濃い内容であった。




ただ、次どこかへ行くのなら計画的に行こうと思う。



大したオチも無いがここらへんで終わりたい。




次は鳥取砂丘か…
[PR]
by hyokenkyudo | 2011-04-25 21:50 | 部員日誌

天橋立日記 その2

主将はバックしようとしていた…








だが車は前へ…(°Д°;)



万が一の為に車外にいた私は駐車場の金網に向かって動いた車を体で受け止めた…


車内からは賑やかな笑い声。

シャレにならねー(`ω´;)








まあそんなこんなでラーメン屋から出発

西村への定時連絡も途絶えた。


問題の運転手だが
最初はサイドブレーキの存在さえ忘れてた主将も次第に運転慣れしてきたようだ。


徐々に緊張がほぐれたのか彼は80kmで一般道走ったり直線で蛇行したり…


「ほれほれ~♪(°▽°)」

なんて言ってやがる(°Д°;)

これが彼の持ち味であることは皆重々承知しているが私の背中には変な汗が流れていた。


慣れというのは怖いのだ。
彼もいつか身をもって学ぶのだろうか…








~そんなこんなで30分~





まー「(ナビを見て)このままやったら2:30には着くで~。」



一同「えっ?!」




"到着予定"が"予定"よりかなり早いという事態。
さっきまでは4:30くらいじゃなかったっけ?

さすが90年代のカーナビ。


運転を代わった私も飽きてきたのでここで壷阪に代わってもらった。




彼は(ほぼ)毎回サイドを忘れるが運転の安定感は主将の比ではなかった。


ただ彼のドライブルートは道幅がやや狭かった。
未だに公道慣れしていない彼にとってたまに来る対向車が気がかりだった。

ツボ「あ~対向車来るなよ!!」





普段温厚な彼もつい本音が出てしまったようだ。





その後もしばらく壷ドライブだったが




オレンジ線跨いで抜かして来る車や





まーくん「後ろめっちゃ追いついて来てるで!(喜)






まーくん「後ろめっちゃ車いるで!(歓喜)



などのプレッシャー攻撃を受けながらも彼は無事に役割を果たした。


ツボ「めっちゃ手汗かきました…」




深夜12:30には豊岡に到着!

4月というのに道路脇には雪が70cmは積もっていた。


山地はまだ寒かったが星がとても綺麗だった。






主将は雪に登って遊んでいた…








置いて行くわけにもいかないので呼び戻して出発

そこからはいかにも峠道。
私は大いに運転を楽しんだがフル乗車の軽で攻めるのは怖かった。


途中鹿が飛び出してきたり狸が飛び出してきたり
道を間違えたりもしたがなんとか天橋立に到着!


その頃は皆体力が尽きていた。





到着時間2:30…

日の出には早すぎる。


しばらく4人とも仮眠を取り、空が少し明るくなった後朝マックへ…

…美味しくない



展望台の開業時間は9:00からなのでしばらく周辺をドライブすることに。


車からの海岸の眺めは良かった。

b0212429_11533656.jpg


しばらく砂浜で遊んで時間を潰した。


思えば弓道部で遠出すると必ず水切りをやってるような…




そしていよいよ展望台の開業時間に近づいたため天橋立に向かうのであった。



続く
[PR]
by hyokenkyudo | 2011-04-21 11:54 | 部員日誌

天橋立日記 その1

b0212429_23194160.jpg



この日はたまたま私がいつもの2人乗りの窮屈なクルマではなくゆったり…ではないがちゃんと4人乗れる車で
自主練に来ていた。

そこで、練習が終わったら道場に来てるメンバーでどこか行こうかな~と画策するに至ったのだ。

2人乗りでは
"わいわいみんなでドライブ♪"なんてことが出来ないため、少し憧れていたのである。

それにせっかくの春休み

…新人戦シーズン弓道漬けだったためにどこかに出かけるチャンスはこれっきりと考え実行に踏み切った。


さっそく道場に来たM君と計画開始。

距離的にも天橋立がベストいうことになった。


予定は以下の通り!

・夜10時(くらい)出発
・120kmを走破し、朝5時(大体)到着
・天橋立で日の出を見てヒャッホーイ!!!
・お土産買って昼までに大学帰着…





かなりアバウトかつ無理感満載である。

そんないわゆる"ムチャぶり"にも快く乗ってくれる仲間が弓道部にはたくさん居るのでメンバー集めに苦労はな
かった。

……ということで
まさに題目通りなんの予備知識もなく京都へ向かうことになったのだった。


memberは↓の通り!
メインドライバー

サブドライバーNO.1
主将(クレイジーな飛ばし屋(笑)。)
サブドライバーNO.2
T.AKIO(安定のサイドブレーキ)
ナビゲーター(?)
Mくん(特技はドライバーにプレッシャーを与えること!)

車を信頼のおける仲間とはいえ他人に運転させる私もどうかしたものである。


4/4 21:00

…さて、メンバーもそろったのでまずは長旅前の腹ごしらえである。

b0212429_23195659.jpg


ラーメン屋で体力をつけいざ出発!

ドライバーは我らが主将!

まさかこの出発から大変なことになるとは…



話が長くなりそうなので続きは次回にさせて頂こう。



続く
[PR]
by hyokenkyudo | 2011-04-17 23:23 | 部員日誌

4月13日 松岡

今日は一番乗りで道場に来ました。

部活動体験ウィークということもあり、いつ一回生が見学に来るかわからないですしね。

一回生を見ているとやっぱり初々しさがあるんですよ。

まだ新しい環境に慣れてない感じの、僕が忘れてしまった新鮮さが・・・

んで道場のシャッター、窓、玄関を開け、的を立てた後、音楽を聴きながら少しぼーっと

していたんです。 「春風」という曲を聴いてたんです。 季節にあったいい曲だなー

と思いながら。

サビに入ったときに、風が吹いたんですよ。 心地の良い風でした。

そしたら目の前でが舞っていたんです。

ひさびさにいい意味で鳥肌が立ちましたね。 素晴らしい演出でした。 

満開の桜を眺めるのもいいですけど、散る桜というのもいいものですね。
[PR]
by hyokenkyudo | 2011-04-16 01:50 | 部員日誌

4月9日 田口

土曜の昼から練習を抜けさせてもらって久々に東洋に遊びに行った。
「行ってみたら他校と練習試合してた」なんて気まずい状況は御免なので事前にで先生に連絡を取った。
返事はオールオッケー。
安心して東洋弓道部OBと二人で行く。
結果、香寺との練習試合に乱入する形になってしまった。(T-T)
この場違い感半端じゃない。
しかも今日の先生は鬼の日で道場の空気がピリピリしていた。
中らない団体選手には喝をいれてグランドを走らせる‥少し懐かし。
そのせいか、みんなよく中てていた。
中る後輩のいる前で行射する緊張感、いろんな中て方を身につけた
人たちの射を近くで見たり、話したりして経験値たくさんもらった気がする。
やっぱり行って良かったと思う。
その日の上位5人の的中率89%
上位20人の的中率71%
おいおい男子リーグ戦で3部に上がれるチームを2つも作れるぞ(~_~;)
他にも立命の新人チームに勝ったとか‥
恐ろしい。
4月例会勝てる気せんわ‥

新入部員たくさん入るといいな
[PR]
by hyokenkyudo | 2011-04-12 23:01 | 部員日誌

4月10日 明神

先日は誠に勝手ながらお休みを頂き、高校時代にお世話になった弓道部を訪ねました。

道場に入ると先ず目に入ったのは満開の桜
もう春真っ盛りですね~
そして驚いたのは男女合わせて30人…いや40人(!)に迫ろうかという
大勢の後輩が弓を引いている光景を目にした時です。
弓道部って人気あるんだ!と思いました。

それに皆とても元気が良く結構なことです。

OBとしても嬉しい限りでした。


我が部にも40人とは言いませんが…(道場がパンクします!)沢山の新入生が
弓道部に入ってくれることを祈る限りです。


できれば女の子…ね(笑)
我が部は女子力不足なんです(涙

友達をたくさんつれて見に来て下さい



もちろん男の子も是非②来て下さい(^ω^)


高校訪問の際、先輩方(といってもかなり年上のオ○サン方)に頂いた高校弓道部の総評に

「うちの高校は楽しく弓を引いている。けど彼等は未だ弓道の"面白さ"を知らない。」

という言葉がありました。

表面的な楽しさは皆感じられても、更に上を目指すのであれば
それには深い"面白さ"を噛みしめることが大事であるということでした。


では、"面白さ"とはどのようにすれば体感出来るのか…

平たく言えば弓道の奥の深さを知ることですが、そう簡単にはいかないものです。

自らの射癖に真っ直ぐ向き合い何度も失敗を重ねながら試行錯誤して
ようやく結果が見えて初めて"面白さ"を体感出来るということなのでしょう。

そう…"面白さ"を体感するには必ず"苦労"を伴うのだと教えて頂いたのです。

これは弓道以外にも言えるのでしょうね…


"面白さ"を知った人は上手くなるのかもしれません。


皆さんは弓道を楽しんでいるでしょうか?


もし楽しいけど何か物足りないと感じる人は弓道の"面白さ"を探求しては如何ですか?


そして他に今やっていることがあればその"面白さ"も体感出来るように
大学生活を豊かにして下さい。


新入生のみなさんも大学で新しいことを始めたいなら弓道部なんて如何でしょう?

共に弓道を楽しみませんか?
日本弓は本当にカッコいいですよ!
新しい仲間や思い出も増えると思います。


私は未だ"面白さ"を噛みしめる境地には達していませんが、以上のことを心に踏まえ、より弓道が楽しめるよう
稽古していきたいと思います。


…弓道以外には勉強の面白さを知りたいな


あと的張りの"面白さ"も(笑




弓の道はこれからも続きます。


ところで天橋立の旅行記はどうなったんだーーww
[PR]
by hyokenkyudo | 2011-04-12 01:46 | 部員日誌

4月5日 西村 和記

今日は二回生のオリエンテーションでした。

コース配属とかJABEEとか単位の話で盛り上がりました。

先輩の話とか聞きたいので道場に来てください。

明日は新入生のオリエンテーションだから新入生がいっぱい来ると期待しています。

部員がいっぱい入るといいなと思います。

だいたい、女子多目、男子三分の一とか

女子7割、男子3割ぐらいの比率で。

リアルには6対4ぐらいの比率かな。

我が部は女子部員が男子に比べて少ないから少しおおめにほしいとは思います。




それと、今日の晩には我が部員が数名で京都の天橋立に行くそうです。

先ほど、日記を書く前に旅行組に電話しましたけど某部員は車の運転が残念だそうです。

明日、その旅行記を書いてもらいますので楽しみにしてください。
[PR]
by hyokenkyudo | 2011-04-05 22:49 | 部員日誌

3月31日 壷阪

今日は午前中に体配の練習をしました。

自分も含めて2回生は間違いに気づけて良かったと思います。

でも正座したらS田くんより座高が高かったのがショックでした。

午後は久しぶりに20射しました。

半矢いかなくて残念でした。

これからの的中の目標は8割、悪くても半矢越えるように頑張りたいです。
新人戦も終わったのでこれから入ってくる1回生の指導も頑張ろうと思います。

1回生いっぱい入ってきて欲しいな…
[PR]
by hyokenkyudo | 2011-04-02 20:51 | 部員日誌

4月1日 中川原

ブログ当番がサボリ気味なので、自分が書かせてもらいます。

今日は学生の健康診断があり、久々に登校し各種検査を行いました。
身長が縮んでたり、視力が何故か上がっていたり(笑)
健康は異常なかったので良しとしましょう。
体重測定なんてなかった。
なかった。

健康診断が午前で終わってしまったため、道場に移動。
他の部員達と合流後、昼食を取ったあとにみんなは弓を引き始めました。
自分はカゼ気味で疲労が溜まっていたため、弓を引かずに
道場周りのゴミ拾いや、先輩と一緒に道場内の掃除をしていました。

道場の周辺…具体的には、フェンス付近には沢山のゴミが落ちていました。
中にはサビ尽きて穴が開いた空き缶、口が雫型の大昔の空き缶、
車のパーツらしきヨクワカラナイモノ、表面が薄れて読めないお菓子の袋…など
時代を感じてしまうようなゴミまであったり。
ちなみに50Lのゴミ袋一つ分になりました。

道場内の整理整頓では、先輩が不要と判断した書類が中心に処分されました。
ごみ袋にして1.5袋分。かなりの量です。
お陰で棚がスッキリしました。引き出しの中も整理されています。

新入生もそろそろやってくる頃、出来うる限りキレイな道場でありたいですね。
[PR]
by hyokenkyudo | 2011-04-01 18:18 | 部員日誌


弓道部員によるブログです


by hyokenkyudo

プロフィールを見る
画像一覧